つながる つながり

Posted by michikosayura on   0 comments

この三連休はまるで夏のような暑さ。
明日はボシタ祭り(って言っちゃいけないのは知ってるけどやぱりボシタはボシタだ)、勢子の人たちも熱中症要注意ですね。
わたしは馬が可哀そうだから見に行かないけど。

きのうは午前中はMさんの数秘カウンセリング、午後はお友達の鍼灸師の桑原さんご夫婦がウワサの「SS健康法伝授会」を開催された。
「胃を折りたたんで小さくする健康法」という触れ込みで、ネットを中心に全国で話題沸騰しているSS。
受けるまで「どんな荒技を使うんだろう?胃を折りたたんじゃって内臓破裂しないのか!?」とかなりベタな想像をしつつ頭の中がハテナマークでいっぱいだった。
受けて見て「ほー!!そう来る!?」みたいな結構な意外性があった。
早い話がエネルギーワークなのだ。
・・・・ええーっと、アンドロメダ銀河からのエネルギーを使います。(言っちゃった)
レイキにも通じるところがあるけど、SSはポイントが絞られていて、意図的、具体的だ。
そして、おそらくSSで使われるエネルギーはそういう使われ方に適していると思った。
余計なことをしない、というか、3次元的な作用に限定されているというか、どことなく安心安全で誤用されることが無いエネルギーという印象を受けた。
地球の人たちの癒しと健康に役立ててね、として贈られたエネルギーのような気がする。
で、実際に施術すると、写真でビフォーアフターを見ても一目瞭然というくらいに、胃のあたりがすっきりして、反り腰が治って背筋が伸び、女性はバストアップしているのもわかる。
わたしは元々かなり少食なのに、いつもと同じ量のご飯を食べると苦しくなった。
食べていると胃から「もうこのへんでいいんじゃない?」というサインが来る。
頭では「えー?もっと食べないと体もたないよ」とか「美味しいからもっと食べたい」と思っても、胃が苦しくなるのでそこで食べるのを止めることができる。
実際に胃が小さくなっているんだろうな。
SSも胃と会話することがポイントなのだ。








わたしは寝る前に自己流のストレッチをするのだけど、その時に伸びている筋肉に意識を向けて、筋肉が気持ちよいと感じていたり、こっちの方向にこれくらいのスピードで伸びたい、とか、この筋肉の次にここの筋肉が伸びたがってる、とか、言わば筋肉とお話ししながらゆっくりゆっくりストレッチする。
頭じゃなくて、筋肉の声に従って、筋肉の気持ちで伸びていく感じ。
これは自分ではかなりいい健康法だと思っている。
リセットの自律運動もそうだし、野口整体とか、みくさのみたからとかもそうだと思うけど、マインドを極力排除して、体の声に従って動くとそれだけで自然に体の不調は正されるんじゃないかと思う。
癒しのキーワードは「つながる」ことだなーと思う。
つながる、とは、意識を向けて、認めて、受け入れることだと思う。
これは体だけでなく、感情も、そしてマインドに対してもそうだと思う。

なんてことをSSの実感から考えていたら、このことにドンピシャの記事を見つけた。
主に非二元関連の本を翻訳してるヒロさんのブログに、まだ日本には上陸していない「ディープ・ルッキング」という手法のセラピーの事例が紹介されていた。
ちょっと言わせてもらうと(エゴちゃんが言いたいそうです)、この手法は私が自分のインナーチャイルドと偶発的に会話した時の経験を踏まえて、サード伝授で行っている誘導瞑想ととても似ている。
だから、セッションの過程の問いかけの仕方とか「わかるわかるー」という感じ。
EFTよりも自分としてはこちらの方が自然にできそうな気がする。
読むだけで癒しが起こるような、素敵なセッションです。
長いけど興味がある人は読んでみてください。

https://resonanz360.com/2017/10/04/deep-looking-d/

あ、そうだ。SS健康法はご希望の方には随時伝授いたします。
料金は6千円です。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する