イマジン

Posted by michikosayura on   1 comments

ここ最近またパラパラ漫画のように日々目まぐるしく、少々息切れ気味なので日記も手短に。(できるかな?)
日曜日は高校時代のバンド仲間のちーちゃんの結婚式に参列した。
秋の例大祭を目前に控えた藤崎宮での神前結婚式。
神社での神前結婚式には初めて参列したけど、日本人は神社で結婚式挙げるべき!と思ったくらいよい結婚式だった。
無駄が無く、厳か。
巫女さんが、最近ありがちなアルバイトぽいギャルじゃなくて、とても眼差しが綺麗な凛とした小柄な巫女さんで、式の中で琴や笙ひちりきの生演奏をバックに、澄んだ声で歌いながら巫女舞を披露してくれた。
ちーちゃんの白無垢姿も本当にきれいだった。
優しい顔をしていたな。とても幸せそうで私もすごく嬉しかった。






きのうおとといと、20歳の男の子K君がレイキ伝授を受けに来てくれた。
最難関と言われる私立中学に進学して、お母さんと二人三脚で熊本を離れての中学生活を送っていた矢先に、お母さんが病に倒れ、まだ幼さが残るK君を残して天国へ旅立たれた。
それから心身のバランスを大きく崩して引きこもってしまったK君。
声が出ない私を自分のことのように感じて気遣ってくれたり、遠隔ヒーリングで「過去へのヒーリングもできるよ」と教えたら「亡くなる前に苦しんだお母さんにも送れますか?」とすぐに聞いて来た。
もちろん、もちろんだよ。エネルギーには時空は無いから。
「磔にされて苦しんだイエスにも送ってみようかな」とも言っていた。
おおー、そんなことは考えたことも無かった。
ほんとうにビックリするくらい優しい男の子なのだ。

おととい、夕方買い物に出かけた帰り、夕暮れの道を歩いていた時「恐れ無しで見たら、この世界はどう見える?」という声があって、その瞬間街の街灯や空がキラキラとして見えた。
地面の水たまりも湖みたいで美しいと思った。
恐れな無しで見る。とは、分離感を挟まずに見ること。
恐れ無しで見るとは、奇跡のコースで言う「聖霊のビジョン」のこと。
恐れ無しで見た時、それは「今ここ」だけに意識がフォーカスされるのが分かった。
なぜなら、マインドの恐れだけが過去や未来を見るからだ。
過去や未来は頭(マインド)の中にしかない。
今ここだけに意識がフォーカスすると、なぜかオマケみたいに世界が活き活きと美しく見えるのだ。
視界を曇らせていたのはマインドだったと、改めて気づく。
「恐れ無しで見たらどう見える?」の実験をやっていたら、「あ、これはイマジンの歌詞と一緒だ」と思った。
わたしはジョンレノン・ファンじゃないし、正直今までイマジンという歌をあまり意識したことは無かった。
ジョンレノンはこのビジョンのことを言っていたのかもしれないなー。
なんて考えてたら、翌朝のフェイスブックに「ハナププ式珈琲セレモニー」のタカさんが、なぜかイマジンの動画をアップしていた。
シンクロだなー。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する