オクラの花を眺めながら

Posted by michikosayura on   2 comments

きのう読んだ奇跡講座31章(最終章)Ⅳ「真の選択肢」がすごいテンションで迫ってきて、頭がくらくらしそうだった。
読むのは3回目だけど、なんだかイエスの声が大音響で頭の中で響くように感じた。
すごい熱を感じた。
そして(これ書くとドン引きされるけど)、強烈にイエスに惹かれる自分がいた。
人間として。男性として。
イエス以上に心のすべてを惹き付ける人物は他にいない。
引用しようにも全部の文章がすごかったから、引用しないでおきます。(しないんかい)
そして、読みながら思った。
奇跡講座の最後のコンテンツまであと・・・4つ!
偶然にも誕生日の前日に読み終えることになる。
なんだかすごくうれしい。

きのうは「歓喜する生命~3・11復興支援チャリティコンサート」に出かけた。
今年の3・11の日にはじめて聴いて感動した樫原さん夫妻他、移住者のミュージシャンのコラボによるライブ。
樫原さんはじめ、ピアノの須藤かよさん、コントラバスの松本さん、サックスの伊藤さん、どの奏者も国内トップレベルのテクニックの持ち主で、何よりオリジナル曲の音楽性がとても高い。
そしてきのうもまた、叔父が提唱するコンセプト「生命平和」にインスパイアされて樫原さんが作ったという「生命の木」という曲が演奏された。
サビの部分にまたウルっと来る。
奥様の由美さんの歌声がまっすぐで力強くて心を打つ。
こんな才能豊かなミュージシャンが熊本で活動してくださって本当にありがたいと思う。
11月にさゆらでのライブが実現しそうです。






今朝もまた7時過ぎに家を出て妹の畑の手伝いに。
到着してすぐ、妹が収穫する暇がなくて育ちすぎたたくさんのオクラを眺めながら妹と話した。
人手が足りずに自分の生活もままならない妹。
ここ最近カフェのお客さんが減って、開店しても暇つぶしに読書していることも多い私。
これ、マッチングしたじゃーん!と急に閃いた。
カフェをしばらく休もう。
そして空いた時間で妹の畑を手伝おう。
せっかく育てた野菜をちゃんとお店に並べてやりたい。
妹にそう言うと、即意見が一致した。
わたしは決してそれで収入を得る訳では無いけど、時間を無駄にしなくて済む。
というわけで、9月から毎週火曜と金曜のカフェ営業をお休みすることにした。
だから飲食営業は土曜日のお氣もち食堂だけ、ということになる。
しばらくこれでやってみて、立ち行かなくなったらまたその時考えよう。
先週お店に来てくれたかとちゃんや、島本さんには「今年いっぱいでさゆらを閉店しようかな」と話したところだった。
こういうことは、こんなところにアッサリ書くものじゃないのかもしれないけど、自分の中でもうこだわりが無くなってしまったのだ。
自分が続けたいのか続けたくないのかという以前に、需要があるうちは続けるし、需要が無くなったらそれが潮時だと思っている。
だから、流されて行こうと思う。
ハナププ珈琲セレモニーのタカさんが言ってたみたいに、神任せだ。

やっぱりきのうの奇跡講座のこの部分だけ引用。
「この世界が提供できる道は厖大な数にのぼるように見えるが、どの道も他の道と同じだとわかるときが、誰にも必ずやってくる。
このことがわかって、死んでいった者たちもいる。
この世界が提供している道以外の道が、彼らには見えなかったからである。
そして、それらの道がどこにも到達しないことを学んで、彼らは希望を失った。
しかし、そのときにこそ、彼らは最大のレッスンを学べたはずだった。
すべての者がこの地点に到達し、それからそれを超えていかねばならない。」










スポンサーサイト

Comment

みちこ says..."Re: 路子さん"
あつ子さんありがとう!
土曜日にごはん食べに来てね。ゆいと君も一緒に( ^ω^ )
2017.08.24 17:06 | URL | #.O1b46NE [edit]
さとる君(仮名) says..."路子さん"
カフェ閉じないで欲しいと願ってるよ
エネルギーチャージも
何より
気軽に会いに行けなくなるのが淋しい
2017.08.22 08:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する