体はどこだ?

Posted by michikosayura on   0 comments

今週もあっという間に週末に。
火曜日は秋津中央公園仮設で和みのおひさまカフェを開催。
暑さのせいか、今までで一番来場者が少なかった。
その代わりにお一人お一人にゆっくりマッサージすることができた。
啓子さんのパステルアートミニワークショップのお題は金魚や水風船。うちわに描いていただくアイディアが良かった。
智子さんのお菓子もいつもながらクオリティが高い!
今回は完全にビーガン使用のココアムースとスノーボールクッキーだった。
















水曜日は、この間の日曜日に伝授を受けに来られたRさんから教えていただいた「さをり広場江津」にさをり体験に行ってみた。
うちから車で10分足らずの場所にこんな素敵な工房があったなんて知らなかった。
オーナーの岡本さんのお自宅はすごく由緒ありそうな大きな古民家で、そのお隣に築120年?の蔵があるのだ。
その広い蔵の中が工房になっていて、この日は5名ほどの生徒さんたちがさをりをされていた。
この岡本さんのさをり教室はすごく良心的で、初回は体験無料で朝10時から夕方4時まで時間は無制限でさをりをすることができる。
次回からは1回2000円でさをりを教わりながらオープン時間内なら何時間でも織ることができるのだ。
色とりどりの糸を見ているだけで心が浮き立つし、何も考えずにひたすら足と手を動かす作業もとても良かった。
これは毎日でもやりたくなりそうだったので、早速初級コースを申し込んだ。
行ける日に、できる時間帯にでいいのがまた魅力的。








夕べは娘夫婦が飲み会で夜まで孫ちゃんお預かり。
相変わらず預かってる間、ぜんぜんぐすりもせずにご機嫌のお利口さん。
お風呂が大好きでついつい長風呂に。
もう大人の言うことは大抵のことは理解している。
娘も言ってたけど、ここまでいろんな事が理解できてるのに、喋らないのが返って不思議。
たまに宇宙語みたいに喋るのだけど、中にちゃんと日本語が紛れてるあたりが面白い(笑)




さっきふとうたたねしてて、真っ暗な中で(外はまだ明るかったのだけど)意識だけが目覚めた。
真っ暗な中で「体はどこだ?体はどこで何してる?」と探したのが奇妙な感覚だった。
これもはじめての体験だったかも。
ほんの一瞬だったけど、体の感覚が探しても見つからなかったのだ。
そうこうするうちに目が開いて「あー、寝てたのか」と元の感覚に戻った。

このところずっと続いていることだけど、自分の中のエゴに敏感になっていて、とても気持ち悪い。
これは結構しんどい。
夕方、エゴ自体にでは無くて、エゴを不快に思う感情にタッピングした。
するとこれは自分ではどうしようも無いことだという事が理解できた。
ここから先は委ねて明け渡すしか無い、という直感があった。
EFTしながら「もう苦しいです。これ以上どうしようも無いです。」と泣けて来てしまった。
すると、なぜかきのうネットで見ていたラマナマハルシのアシュラムのあるアルナーチャラの山が浮かんで来て、そのイメージの中の山に抱かれるような気がしてとても心が安らいだ。
EFTを終えてアルナーチャラで検索するとちょっとびっくりすることが分かった。
アルナーチャラは「エゴを吸い取る」山だと伝えられているそうだ。
アルナーチャラはマハルシ自身の化身とも伝えられているそう。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する