新しい次元へ

Posted by michikosayura on   0 comments

公開前から見に行くのを楽しみにしていた映画「メッセージ」を見て来た。
一番好きな映画のジャンルはSFなのに、傑作と思える作品が一番少ないのもこのジャンル。
そんな中、「メッセージ」は最近見たSFの中でも「インターステラー」に続く文句無い傑作だった。
あらすじは全部はしょるとして(笑)、「インターステラー」や「君の名は」を見た時にも同じことを感じたけど、人間の意識は今着々と時空を超越した次元まで広がりつつあるんだなー。
これも超個人的な心の琴線に触れる作品で、後半はほとんどずっと泣きながら見てた(笑)
見ている中で、映画のあらすじとはほとんど関係ないところから色んなメッセージを受け取った。
あらゆる制限を手放してよいこと。
与えられたギフトを最大限活かすこと。
目に映るすべてが奇跡であること。
どんな私もそのままでよいこと。(だって「私」は本当はいないから)

本震の後、避難した小学校のグラウンドで感じた至福感を思い出した。
あの時、すべてがあったし、そしてそこには時間が存在していなかった気がする。
あの感覚がなぜか映画を観ていてまざまざと蘇った。
意識が拡大するとはそういうことなんだろうな。
これは二回目鑑賞は必至。
神との対話の中で、神が「私は様々な映画や小説、芸術作品の中にメッセージを忍ばせている」みたいなことを何度か言ってたけど、「メッセージ」もそんな神からインスピレーションを受けて生まれた作品に違いないと思った。
暴力シーンや戦闘シーンが皆無なのも本当によかった。
出てくる巨大なUFOは「ばかうけ」とか「柿の種」とか言われてるけど(笑)、映像も全般的にとてもアート性が高くて美しかった。



映画終わってダッシュで帰宅。
あやちゃんがEFTの練習に付き合ってくれた。
セッションの結果としては決して上手く行ったとは言えないけど(あやちゃんごめんね)、あやちゃんの中の美しいものを見せてもらった気がして、自分としては清々しい気持ちになった。
どんな人の心を見せていただいても、そこには必ず美しいものがある。
EFTをさせていただく上で、そのことが何より一番の恩恵だと感じている。








スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する