リセットを実践すると付いてくる?すごいオマケ

Posted by michikosayura on   0 comments

火曜日に幾子さんと一緒に松橋の桑田さん宅にお邪魔した。
何年ぶりかなー。トイプードルのマロンも大きくなってた。
「マルセイユタロット研究会」と銘打って、しゃべり倒すこと4時間半。
もちろん真面目にタロットのことも学んだし、間に幾子さんもわたしもじっくりとセッションしてもらった。
仕事のことを聞くと、いつも出るのが「斎宮」の逆位置、と「隠者」のカード。
斎宮の逆は「ちゃんと経理を管理しなさい」ということだ。
経理・・・一番苦手!!苦手以前にどうしたらいいのか分からないし、この方面にはわたしは全く勘もセンスも無いのだ。
「隠者」は智慧を伝えるというメッセージ。
桑田さんがこの「隠者」のカードにただならぬエネルギーを感じて「なんだろねー!このド~ンと来る感じ」と言ったので、わたしはすぐに「奇跡講座」だと思ってそう言ったら、桑田さんが「それそれ!」と大きくうなづいて納得してた。
セッション以外の時間は・・・最近動画を見て私も桑田さんもすっかりハマったダグラス・ハーディングの「頭の無い方法」の話し。
ダグラス・ハーディングの頭の無い方法は本で読んで知ってたけど、最近、ダグラスさん本人が語っている動画を見たのだ。
本で読んで実践するのと大きく違った!
ダグラスさんのエネルギーが伝わるので、ダイレクトに、我々が「気づき」に他ならず、その気づきの広大無辺さ、自由さ、そしてそれが愛に他ならないことを感じることができた。
本から学ぶのでなく「グル」に師事すると飛躍的に学びが促進するのが何故か、分かる気がした。
この「気づき」・・・常に対象に気づいている意識。
(対象に気づくということ自体がすでにその対象を受け入れているということ。気づきは受容そのものだ。)
私たちは肉体では無く、また肉体に閉じ込められている心でも無く、いかなる形も持たない、時間と空間に制限されない、気づいているという意識でしかないという真理。
このことは何年か前に夜中に目覚めた時にガツーン!!と自覚したのを皮切りに、事あるごとに感じることができるようになった。
そして、最近気づいたのだけど、リセットで自律運動が起こっている時、必ずと言っていいほどにこの状態になる。
状態になる、というより、本来のこの状態に戻れる、と言った方が正しいかも。
わたしが「気づきの意識」として存在「させられている」。
その奇跡!!
そして存在させられている、ということ自体にすごい恩恵(祝福)を感じる。
シンプルに「愛されている」と感じる。
なんか、リセットってやっぱりすごいかも!!?と思って、少々躊躇しながらもナナさんにメッセージでこの事を伝えた。
すると、実は表立っては言えないけれど、リセットには確かに覚醒効果があるというお答え。
覚醒の秘技としても有名なクンルンネイゴンにも似ている「らしい」、という返事が返って来た。
ただ、覚醒とか悟りとかは、それ自体を目標にしてしまうと大抵妙なことになる。
だからこういうことにはナナさんも慎重に言葉を選んでいる感じがあった。
そういうことは、日々の生活をきちんと、心を込めて、誠実に送っているうちにふとした時にオマケとしてついて来るものだと思うから。
でもね、リセット続けてるとこのオマケも付いて来るかもですよ!
ダグラス・ハーディングの動画はたくさんあるけど、この動画が分かりやすくて面白かったです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する