責任は引き受けた方が断然お得

Posted by michikosayura on   2 comments

きのう一気に書こうとしたけど息切れしたので。きのうの続きです。
要するに、イエスはこう言っている。
もしわたしたちが「本当に存在するもの」だけ見て生きるなら、そこには喜びと平安しかあり得ないのだと。
喜び、平安以外の感情・・・不安、怒り、悲しみ、後悔、罪悪感、嫉妬、焦燥感・・・を感じている時、わたしたちは常に、必ず、そこに存在しないものを見ている。

「んなこと言ったって!!見えるもんは見えるんだもん!!
こんなにリアルで殺伐とした確固たる現実が!」
とほとんどの人はこのことを受け入れないだろう。
しかも、それを見ているのは何もわたし一人じゃ無い。
今日の陰鬱なニュースだって、日本中の人たちが見てるはず。
これが存在しないなんて・・・それこそ狂人の考えとしか思えない。

この圧倒的なリアリティ。
もしこの世界が誰かの創作だとしたら、その誰かは神に匹敵する能力の持ち主に違いない。

そう。その通りだとイエスは言う。
神は、神に匹敵する創造の力を「あなたに」与えたと。
あなたに、わたしに、この世界を創造する力が与えられている。
あなたが、わたしが、今見ているこの世界を何から何まで創造したのだ。
創造する力とは何か?
それは心だ。
心だけが創造する。
心は、心が見たいものをただちに知覚できる形で現す。

創造の責任をどこまで負うか。
これがその人の人生の自由度を左右するのだ。
誰かが勝手に創造した世界で生きていると思い込んでいる限り、世界を変える力を発揮することはできないのだ。
それは実に勿体無い話しだよねー。
全面的に創造の責任を引き受けてみること。
それを創造した心がどんなだったか考えてみること。
見たい世界はどんな心から生まれるのか考えてみること。
フィードバックするクセが付くと不思議と現実が変わります。









スポンサーサイト

Comment

michikosayura says..."Re: リアリティ"
ただ目の前に向き合う。それでいいと思います。
それしかできないし。
そうしてコツコツと目の前のものに向き合っている内に、ふいに全体像が見える時が来るものみたいですよー。

2017.01.18 21:35 | URL | #- [edit]
佐藤 says..."リアリティ"
このテーマ
とてもひっかかったまま2年目に入ります(笑)
自分の見てる世界はとても優しい
けれどひとたびチャンネルを回せば
悲惨なニュース。
起きている事に蓋をしてるだけなんじゃなかろうかとか、
あれこれね。
捉え方ひとつですが
ただ目の前のことに向き合うつもりですが、私はまだここに居るようです(^-^)
2017.01.16 08:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する