社会勉強

Posted by michikosayura on   0 comments

今週火曜日は塚原仮設でおひさまカフェを開催。
おひさまカフェ開始以来、初めての雨の日。
住民のみなさん、雨の中来てくれるかなー?とちょっと不安になりながら集会所に入ったら、
いつもの仮設マダムメンバーがカフェオープンを待って次々に入って来てくださった。
みんなマッサージの予約を早く取りたいんだろうな(笑)
いつも全身マッサージを担当してくれている山口さんと桑田さんには本当に感謝してます。
毎回カフェ開始から終わるまで、休む間もなくマッサージしてくれています。
塚原仮設の生活支援相談員の保住さんは、岡山から熊本地震のボランティアに来て、そのまま社協の委託職員として仮設運営を担ったという変わった経歴の持ち主。
先日テレビタミンでも保住さんの特集が組まれた。
活動が終わってから、保住さんと仮設マダムのみなさんと番組の録画を見た。
保住さん、本当は番組のインタビューで「熊本に骨を埋める覚悟でいます」と言ったらしいんだけど、「言葉が強すぎる」と取材者からたしなめられて柔らかい言葉に言い換えたそう。
見かけはクールで飄々としてるけど、意外と熱いハートの持ち主だったんだねー







↓赤いジャンバーが保住さん







2週間程前、家の車庫入れの時に、先に停めてあった娘の友だちの車に擦って傷つけてしまった。
特に深く考えることも無く、自動車保険の電話受付にすぐさま連絡。
さすが大手の東○海○日○だ、スムーズな対応。
電話一本で一切の面倒な手続きも無く、相手の車の修理代も全て保険で賄えることになった。
ところが今日、私の保険担当者から電話があった。
「修理の方は無事終わりましたので。修理代は9万数千円でした。」
おおー。軽く塗装すれば済むような傷だと思ってたけど、結構かかったんだなと思った。
そして次の言葉にショックを受けることになる。
「こういった事故がありますと来年から3年間は保険料が上がります。今回の場合、3年間は毎年4万円弱の値上がりになります。」
ホワーッツ!!?
修理代が9万円くらいなのに、3年間トータルで約12万円の保険料を上乗せして支払わなくてはいけないの!?
それって修理代より高いじゃん!!
これ、保険で修理代が賄えたとは言わないよね。
色々と納得が行かない事だらけで、矢継ぎ早に担当者に質問した。
それからネットでも調べたけれど、数年前に制度が変わって、比較的少額の修理代なら、自腹で支払った方が得をする仕組みになっているらしい。
保険を使うことで「事故有り」という汚点が付き、それに伴い保険の「等級」が下がる。
保険料は等級によって割引率が変わる。
わたしの場合は3等級下がって、今まで適応されていた保険料割引が適応されなくなるのだ。
なんだかなー・・・。こういう時に無償で修理や賠償ができるように毎年高い保険料を払っていたはずなのに、何の保障にもなりやしない。
と泣き事を言っていたら、担当者が本社と相談して、今日中なら保険適応を取りやめることができるということになった。
色々と考えた末に今回は自腹で修理代を払うことにしましたよ・・・・・(涙)
年末なのにーーーー!!(ああ無情)
それから東○海○日○はサービスが充実している代わりに、やはり保険料が割高なので、これを機に保険会社を乗り換えることにした。
今の日本の自動車保険は、人身事故などの大きな損害賠償でなければ、その恩恵を受けられないどころか、払ってばかりで保障はほとんど無いということが分かりました。

ひとつかしこくなった。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する