信仰・犠牲

Posted by michikosayura on   0 comments

映画「沈黙」のことをあれから考えていて(まだトラウマを引きずっているらしい)、自分が禁教令の敷かれた日本で宣教師という立場だったら、信者である民衆になんと説くだろうと思った。
わたしならまず、信仰とは心の次元でのみ可能なものなのだと言う。
だから、踏み絵を踏んでも、十字架に唾を吐いても、心の中の信仰は誰にも侵されることは無いから大丈夫だと。
そして何より、あなたがたの苦しみは神の苦しみだから、あなたがたが苦痛から解放されることを何より神は望んでいると。
苦痛を選択することを今すぐにやめなさい、と言うと思う。
自分を苦痛から解放することは背信では無い。
肉体は無なのだから、肉体の苦痛を引き受けることを信仰の証しとすることには意味が無い。
神はあなたがたの幸せ以外、何も望んでいない。
だから、今すぐに苦痛から、苦難から逃げなさい。と説くと思う。
そう教えることで多くの命が助かったかもしれない。
宣教師自身の命も。
最後に「転んだ」(棄教した)二人の宣教師が聞いた声も、そう語ったのだろうか。

今日は午前中に叔母に会いに行った。
偶然、月に一度のホールでの昼食会の日で、いつもより豪華なお昼ご飯が出た。
もちろん、わたしは食べずに介助していただけだけど。
もう100歳近くの元エレクトーン教室の先生だったおばあちゃんが、童謡や昔の歌謡曲を立派に演奏された。
明らかに認知に問題があるようだし、体もかなりヨボヨボとした感じなのに、指はちゃんと音楽を覚えているんだなー。
テーブルのお向かいに座ったおばあちゃんも認知症で、同じことを何度も何度もわたしに話しかけられた。
口がもごもごとしてちゃんと聞き取れないのだけど、ところどころに「世界平和だけを」という言葉が出てくるのだ。
そのおばあちゃんは出されたお粥だけ食べて、あとのおかずはお弁当のように容器の隅に綺麗に詰めて手を付けようとされない。
チーフの松岡さんが来て「もう仏さんはお腹いっぱい食べたから、これは勝子さんに食べて欲しいって。」と話しかけて、残したおかずを食べさせようとする。
このおばあちゃんは若い時に出家されている尼さんだそうで、今でもご馳走は「仏様に」と言って自分は食べようとされないのだそうだ。
きのうから「信仰」のことをずっと考えていたのでぐっと胸が詰まった。
他の誰かのために、信念のために、自我を捨てた姿はやはり尊いと思う。
でもそれでも、神は決して犠牲を求めない。
もちろんこのおばあちゃんは犠牲的になっているわけでなくて、純粋にご馳走は仏様にあげたいという気持ちからそうしているのだろう。
でも神は自分の愛する人が喜んで恵みを受け取ることを何より喜ぶんじゃないのかな。
親が子供に対してそう思うみたいに。
だから仏さまだって、このおばあちゃんにご馳走を喜んで食べて欲しいと思う。



さっきフェイスブックでシェアされていた「小さなお葬式」というリンク。
わたしのお葬式も最小限のコンパクトなものでいいと思ったので、これは生きてるうちに娘に伝えようとリンクをLINEしたところ、かなりあっさりとした返事が返って来た。












スポンサーサイト

沈黙というか絶句

Posted by michikosayura on   0 comments

きのうは江津湖の花火大会。
しとしとと雨が降る中、傘をさして見に行った。
雨にも関わらず大勢の人たちが健軍商店街を歩いて詰めかけて来ていた。
健軍にこんなに人が集まるのって、この日以外に無いよね。
娘と孫と婿さんは頑張って浴衣を着ていていたけど、孫ちゃんがどうしても花火を怖がるのでしばらく見て先に帰った。
フィナーレのWANIMAの「やってみよう」に合わせたミュージック花火は感動した!
花火はみんなを元気にするなー。



今日はお友達の鍼灸師の桑原さんが「さとう式インソール講座」を開催。
わたしはふところ事情により参加はしなかったけど、桑原さんがサービスでいつも履いてるルームシューズにインソールをちゃちゃっと作ってくれた。
ちょっとした工夫なのに、入れる前と比べるとずいぶん歩きやすい。
歩くときに無駄な力が入らない。
こうしていろんな人がいろんな知恵をさゆらで伝えてくれるのってありがたいなー。



きのうに引き続いて雨降りの日曜日、午後からは映画「沈黙」をブルーレイで見た。
この映画、ちゃんと上映スケジュールを見て見に行ったつもりが、わたしの確認ミスだったのか終わっていて見れなかったのだ。
見れなかったということにも意味があったのかな。
いやはや・・・しんどい映画だった。
しんど過ぎて二度とは見れない映画に「火垂るの墓」があるけど、あれとは違う意味でこの映画は二度と見ないだろう。
あーしんど・・・
コーヒー用意して、お菓子も傍らに置いて見始めたものの、2時間16分の間、ほとんど目を見開いて眉間にしわを寄せたまま見ていた感じ(笑)
すごい集中して見てた。
見終えた後は、何にも言葉が出なかった。
頭の中にも言葉が浮かんでこない。
ただ、心の深く深くに潜ってしまった感じだった。
これは見る人を「沈黙」させる映画だ。いや、沈黙というより絶句かな。
この映画をイエスが見たらなんと言うだろう。
奇跡のコースでイエスの本当の教えを知った今、正直なところ映画の登場人物に共感できないところはたくさんある。
大きな声では決して言えないけど、まず、この作品の中のキリストの教えはエゴによって大きく歪められている。
と思う。
キリストの教えを真に理解して実践する上で、こんな無茶苦茶な苦しみを味わう必要などどこにもなーい!!!
と、叫びたい気持ち。(大きな声出しとるがな)
けれど、こういう元々は真摯な神への愛が、理解の浅さにより様々に歪められたことで、とんでも無い悲劇を生んだ歴史があるのは取り消しようのない事実だ。
イエスが奇跡のコースという教えを世に降ろしたのは、もうこんな悲劇を二度と繰り返させないためだろうと思う。
神が試練を、苦しみを、忠誠を、望むはずなんかない。
それはすべて人間のエゴが作り出したものだ。
「なぜ神はこれほどの苦しみをお与えになるのか」という問いは根本的に間違っている。
最後の方で主人公の宣教師が踏み絵を踏むことを迫られた時に、生まれてはじめて聞いたイエスの言葉。
あれは半分は本当で、半分は、やっぱり違うと思った。





ひょっとしてそれは胎内記憶

Posted by michikosayura on   0 comments

きのうはロミロミセラピストのRさんのセカンド伝授。
2か月前に関東から越してこられたにも関わらず、またも、まるで「親戚か?」と思うほど人間関係がつながりまくっていた。
親戚かも。(笑)
Rさんの伝授後に、こちらもRさんのお友達でもあることが判明したぶんちゃんの自宅サロン「ほどき」にマッサージを受けに行った。
玄関にウェルカムボード!!なんかぶんちゃんの字で書いてあると温か過ぎて泣きそう。
ぶんちゃんに体のすみずみまで丁寧にほぐしてもらって、最後におまけに「脳を休めるセラピー」もしてくれて、気づいたら寝てました。
「脳を休めるセラピー」(正式名称は知らない)は、お母さんの胎内にいた時に感じていた胎盤の圧力や浮遊感を手技で再現することで、脳が深くリラックスするというセラピーなのだそうです。
前にやってもらった時も一瞬で寝た覚えが。








火曜日は秋津中央公園仮設でなごみのおひさまカフェ。
参加者はユウコさん、幾子さん、島本さん、啓子さん、わたし。
今回の智子さんのおやつ、気合入ってました。
甘さ控えめの豆乳くず粉かぼちゃプリンの上に小豆、栗、さつまいもの甘煮、そしてキウイが練り込んである白玉団子がトッピングされていて、和でありながらハロウィンムードたっぷりでした。
啓子さんはペーパークイリングでどんぐりや赤とんぼなど、秋らしいパーツをたくさん作って来てくれて、住民のみなさんに額をデコレーションしてもらいました。












今日は初の「くつろぎ非二元フリートークサロン(長い)」を開催。
と言ってもお一人お休みだったから、たきこさんと二人だけだったけど、思いのほか盛り上がり1時間半があっという間。
「分離感あるある」的なテーマになった。
前にも書いたような気がするけど、わたしは朝起きぬけに「ザ・分離感」みたいな気分にどっぷり浸ってることがよくある。
これを味わうたびに「あははは・・・まだまだだなー」という無力感を感じる。
「分離?そんなもん一回も起こった事ねーしww」と、かれこれ3年以上奇跡のコースの中でイエスに言われ続けているのに、「まだまだこれ」である。
この気分に襲われた時、「今日の予定は・・・」とマインドが働き出すと簡単に切り替えることができる。
でも、すぐに動き出さなくて良い時は、あえてこの気分にどーっぷり浸かって、じーーーっと見つめてみる。
この気分こそわたしが本当に癒したいもの。
ほとんどの人が仕事のことや、趣味や、食べることや、人と話したり、スマホいじったりして忙しくマインドを働かせることでこの気分から意識を逸らしているのではないかと思う。
昔、村上龍が「人は常に何かで(内面を直視することから)気を逸らせていないと狂ってしまう」というようなことを言ってたけど、精神的に脆弱な状態にある人がこの分離感に真っ向から向き合ったら病んでしまうだろう。
それにこの「ザ・分離感」は外側の現象と関係ないほど深いレベルのものだから、「感情を感じて解放する」ことが難しい。
やり方が悪いだけだったり、もしかしたらもっと表面的な感情から逃げてるだけ、という可能性もあるかもしれないけど、自分にとってはEFTの手法で解消することがなかなかできない。
と、そんな話をたきこさんにしたら「それって、お母さんの胎内にいる時に感じてたことじゃないかな?」と言われて、そう言われた瞬間に体がびびーーっと反応した。
「それ!それやー!」と体が叫んだ。
もしかしたら、受精が起こって肉体が形成されはじめたころまで遡るかもしれない、と直感的に思った。
たきこさんは母親の妊娠に対する不安な気持ちや、妊娠中に母親がおかれていた環境から受けていたストレスなんかが転写されたんじゃないか、と言われたけど、その可能性も大いにありそうな気がする。
私の母は、結婚前に母親(私の祖母)を亡くし、元々心配性で神経質な性格もあり、妊娠出産には何かと不安を抱えていた、と生前に父親から聞いたことがあった。
でも、自分の直観としては、分離の「確固たる証拠」である肉体を持つこと自体にものすごい怖さがあったのだと思う。
と、書いただけで鳥肌がたつような緊張を感じるので、これは当たらずとも遠からず。
ちょっと糸口が見えたかなー。

ちなみに今朝のワークブックの言葉はこちら。
相変わらず「打てば響く」ようなタイミングの良さです。

「レッスン41 私がどこへ行こうとも、神が私とともに行く
今日の主題概念が、最終的には、分離している者たちの誰もが味わう孤独感や見捨てられた感覚を完全に克服する。
憂鬱感は分離の必然の結果である。
不安、心配、深い無力感、惨めさ、苦しみ、損失に対する激しい恐れなども同様である。
(中略)
あなたから完璧な聖性が奪われることはありえない。あなたがどこに行こうと、聖性の源があなたとともにどこへでも行くからである。
あなたが苦しむということはありえない。あなたがどこへ行こうと、すべての喜びの源があなたとともに行くからである。
あなたが孤独になることはありえない。あなたがどこへ行こうと、すべての生命の源があなたとともに行くからである。
何ものもあなたの心の平安を壊すことはできない。
あなたがどこへ行こうと、神があなたとともに行くからである。」
このイエスの言葉に100%の信頼を置けた時に分離感は癒されるのだろうな。
何がそれを阻んでいるんだろう?
なぜわたしは疑い続けているのだろう?



つながる つながり

Posted by michikosayura on   0 comments

この三連休はまるで夏のような暑さ。
明日はボシタ祭り(って言っちゃいけないのは知ってるけどやぱりボシタはボシタだ)、勢子の人たちも熱中症要注意ですね。
わたしは馬が可哀そうだから見に行かないけど。

きのうは午前中はMさんの数秘カウンセリング、午後はお友達の鍼灸師の桑原さんご夫婦がウワサの「SS健康法伝授会」を開催された。
「胃を折りたたんで小さくする健康法」という触れ込みで、ネットを中心に全国で話題沸騰しているSS。
受けるまで「どんな荒技を使うんだろう?胃を折りたたんじゃって内臓破裂しないのか!?」とかなりベタな想像をしつつ頭の中がハテナマークでいっぱいだった。
受けて見て「ほー!!そう来る!?」みたいな結構な意外性があった。
早い話がエネルギーワークなのだ。
・・・・ええーっと、アンドロメダ銀河からのエネルギーを使います。(言っちゃった)
レイキにも通じるところがあるけど、SSはポイントが絞られていて、意図的、具体的だ。
そして、おそらくSSで使われるエネルギーはそういう使われ方に適していると思った。
余計なことをしない、というか、3次元的な作用に限定されているというか、どことなく安心安全で誤用されることが無いエネルギーという印象を受けた。
地球の人たちの癒しと健康に役立ててね、として贈られたエネルギーのような気がする。
で、実際に施術すると、写真でビフォーアフターを見ても一目瞭然というくらいに、胃のあたりがすっきりして、反り腰が治って背筋が伸び、女性はバストアップしているのもわかる。
わたしは元々かなり少食なのに、いつもと同じ量のご飯を食べると苦しくなった。
食べていると胃から「もうこのへんでいいんじゃない?」というサインが来る。
頭では「えー?もっと食べないと体もたないよ」とか「美味しいからもっと食べたい」と思っても、胃が苦しくなるのでそこで食べるのを止めることができる。
実際に胃が小さくなっているんだろうな。
SSも胃と会話することがポイントなのだ。








わたしは寝る前に自己流のストレッチをするのだけど、その時に伸びている筋肉に意識を向けて、筋肉が気持ちよいと感じていたり、こっちの方向にこれくらいのスピードで伸びたい、とか、この筋肉の次にここの筋肉が伸びたがってる、とか、言わば筋肉とお話ししながらゆっくりゆっくりストレッチする。
頭じゃなくて、筋肉の声に従って、筋肉の気持ちで伸びていく感じ。
これは自分ではかなりいい健康法だと思っている。
リセットの自律運動もそうだし、野口整体とか、みくさのみたからとかもそうだと思うけど、マインドを極力排除して、体の声に従って動くとそれだけで自然に体の不調は正されるんじゃないかと思う。
癒しのキーワードは「つながる」ことだなーと思う。
つながる、とは、意識を向けて、認めて、受け入れることだと思う。
これは体だけでなく、感情も、そしてマインドに対してもそうだと思う。

なんてことをSSの実感から考えていたら、このことにドンピシャの記事を見つけた。
主に非二元関連の本を翻訳してるヒロさんのブログに、まだ日本には上陸していない「ディープ・ルッキング」という手法のセラピーの事例が紹介されていた。
ちょっと言わせてもらうと(エゴちゃんが言いたいそうです)、この手法は私が自分のインナーチャイルドと偶発的に会話した時の経験を踏まえて、サード伝授で行っている誘導瞑想ととても似ている。
だから、セッションの過程の問いかけの仕方とか「わかるわかるー」という感じ。
EFTよりも自分としてはこちらの方が自然にできそうな気がする。
読むだけで癒しが起こるような、素敵なセッションです。
長いけど興味がある人は読んでみてください。

https://resonanz360.com/2017/10/04/deep-looking-d/

あ、そうだ。SS健康法はご希望の方には随時伝授いたします。
料金は6千円です。





イマジン

Posted by michikosayura on   1 comments

ここ最近またパラパラ漫画のように日々目まぐるしく、少々息切れ気味なので日記も手短に。(できるかな?)
日曜日は高校時代のバンド仲間のちーちゃんの結婚式に参列した。
秋の例大祭を目前に控えた藤崎宮での神前結婚式。
神社での神前結婚式には初めて参列したけど、日本人は神社で結婚式挙げるべき!と思ったくらいよい結婚式だった。
無駄が無く、厳か。
巫女さんが、最近ありがちなアルバイトぽいギャルじゃなくて、とても眼差しが綺麗な凛とした小柄な巫女さんで、式の中で琴や笙ひちりきの生演奏をバックに、澄んだ声で歌いながら巫女舞を披露してくれた。
ちーちゃんの白無垢姿も本当にきれいだった。
優しい顔をしていたな。とても幸せそうで私もすごく嬉しかった。






きのうおとといと、20歳の男の子K君がレイキ伝授を受けに来てくれた。
最難関と言われる私立中学に進学して、お母さんと二人三脚で熊本を離れての中学生活を送っていた矢先に、お母さんが病に倒れ、まだ幼さが残るK君を残して天国へ旅立たれた。
それから心身のバランスを大きく崩して引きこもってしまったK君。
声が出ない私を自分のことのように感じて気遣ってくれたり、遠隔ヒーリングで「過去へのヒーリングもできるよ」と教えたら「亡くなる前に苦しんだお母さんにも送れますか?」とすぐに聞いて来た。
もちろん、もちろんだよ。エネルギーには時空は無いから。
「磔にされて苦しんだイエスにも送ってみようかな」とも言っていた。
おおー、そんなことは考えたことも無かった。
ほんとうにビックリするくらい優しい男の子なのだ。

おととい、夕方買い物に出かけた帰り、夕暮れの道を歩いていた時「恐れ無しで見たら、この世界はどう見える?」という声があって、その瞬間街の街灯や空がキラキラとして見えた。
地面の水たまりも湖みたいで美しいと思った。
恐れな無しで見る。とは、分離感を挟まずに見ること。
恐れ無しで見るとは、奇跡のコースで言う「聖霊のビジョン」のこと。
恐れ無しで見た時、それは「今ここ」だけに意識がフォーカスされるのが分かった。
なぜなら、マインドの恐れだけが過去や未来を見るからだ。
過去や未来は頭(マインド)の中にしかない。
今ここだけに意識がフォーカスすると、なぜかオマケみたいに世界が活き活きと美しく見えるのだ。
視界を曇らせていたのはマインドだったと、改めて気づく。
「恐れ無しで見たらどう見える?」の実験をやっていたら、「あ、これはイマジンの歌詞と一緒だ」と思った。
わたしはジョンレノン・ファンじゃないし、正直今までイマジンという歌をあまり意識したことは無かった。
ジョンレノンはこのビジョンのことを言っていたのかもしれないなー。
なんて考えてたら、翌朝のフェイスブックに「ハナププ式珈琲セレモニー」のタカさんが、なぜかイマジンの動画をアップしていた。
シンクロだなー。